直江兼続を描いた「義風堂々」の応援ソングは堂珍さんの新曲!

月刊コミックゼノン8月号にて、

2015年「義風堂々!!」の公式応援ソング「Halo/You&I」を歌う

CHEMISTRY』の堂珍嘉邦さんのインタビューが掲載されました。

直江兼続の漫画「義風堂々」での堂珍さんインタビュー

・なんでも、一連の原哲夫作品をご自身でも以前から愛読されていたとか。

堂珍 やっぱり僕らは、全盛期の『週刊少年ジャンプ』で育った世代ですからね。

『北斗の拳』はもちろん、『花の慶次』も、子供の頃からリアルタイムで読んできた。

大人になったいまでも、ふと読みかえしちゃうぐらいですから、

もはや、「人生のバイブル」と言ってもいいかもしれません。

それぐらい原先生の作品はリスペクトしてますよ。

 

-今回は「義風堂々」との初タッグということで。作品をお読みになった感想は?

堂珍 ひと言で言うなら、「ヨダレもの」ですよね(笑)。

なにしろ、直江兼続と前田慶次と言えば、戦国の登場人物のなかでも一二を争う人気者。

そんな魅力的なふたりが主人公となれば、これはもう、おもしろくないはずがない。

実際、読ませていただいても、男の憧れと黄昏、そしてロマンがたくさんつまった熱い作品になっていますしね。

僕も読者のひとりとして、兼続と慶次のこれからが楽しみで仕方がないぐらいです。

 

・応援ソングに決定した2つの楽曲には堂珍さんのそんな作品に対する思い入れも投影されているわけですよね?

堂珍 生粋のいくさ人でありながら、同じ男である僕らさえも惚れ惚れするほど、

見事なまでの傾奇者っぷりを見せてくれる兼続と慶次がもつ、

自然と人を惹きつけてしまうカリスマ性は、まさに「ヒーロー」そのもの。

虎のように豪快な生き方をする慶次と、どこか陰をたたえながらも、

自分の宿命に敢然と立ち向かっていく兼続との生きざまのコントラストも、

楽曲を実際に聴いてもらえば、きっと感じていただけるんじゃないかなと思います。

 

-オススメポイントを挙げるとしたら、やはり主人公ふたりのその対比ですか?

堂珍 ですね。作品のなかでは、乱世をともに歩むと誓いあった盟友である慶次が、

兼続にとっての唯一の拠りどころ、自分が自分でいられる存在として描かれている。

あの相思相愛は美しいし、すごく羨ましいですね。

 

-では、最後に読者にメッセージを。

堂珍 好きな作品に自分自身が関わるなんてことは、一生のうちでもそうあることではないですし、今回は僕にとっても、最高に幸せな経験になりました。

自信をもってお届けできる楽曲になっていると思いますので、

いろんなところで、原先生の作品と一緒に、僕の音楽も楽しんでいただけるとうれしいです。

 

 

上記のとおり、コミックゼノンで連載中の直江兼続前田慶次が主人公の「義風堂々!!」と、

現在ソロ活動中の『CHEMISTRY堂珍嘉邦さんによる夢のコラボが実現しました。

 

・『Halo』(ヘイロー)

全編英語詞。

どこか陰のある、「ヒーロー」像を、

疾走感あふれるオルタナティブ・ロックな楽曲に乗せて歌いあげた曲です。

 

・『You&I

全編日本語詞。

激動の戦国時代を舞台に「義」に生きる漢たちの生きざまを浮びあがらせた曲です。

「義風堂々」については、

漫画以外にも、アニメやラジオなどがあり、凄く面白いのでおすすめです!

詳細については、公式サイトをご覧ください!

直江兼続が主人公の漫画「義風堂々」

直江兼続が主人公の漫画に『義風堂々!!』という作品があります。

この作品は、前田慶次が主人公の漫画「花の慶次」のスピンアウト作品にあたります。

作画を担当した原哲夫先生が描き切れていなかったと語る慶次の莫逆の友である

「直江兼続」の物語です。

 

当時の担当編集者の堀江氏にアイディアをもらいつつ、共同原作の形で誕生しました。

『花の慶次』の遺伝子を継いでいます。

 

隠棲した慶次が語り手として、「若き日の兼続(樋口与六)のことを回想する」という形式を取っています。

 

『義風堂々 直江兼続 -前田慶次月語り-』は、

原作:原哲夫・堀江信彦、作画:武村勇治、『週刊コミックバンチ』(新潮社)にて、

2008年50号から2010年38号まで連載されました。

 

その後、同誌の後継誌の1つである『月刊コミックゼノン』(徳間書店)において、

続編となる『義風堂々!!直江兼続 -前田慶次酒語り-』が

創刊号(2010年12月号)より2014年3月号まで連載されました。

 

そして、『義風堂々!!直江兼続 -前田慶次酒語り-』をベースに、

原作者監修のオリジナルエピソードを加えた、

アニメ『義風堂々!! 兼続と慶次』が2013年7月から12月にかけて放送されました。

また、『月刊コミックゼノン』の2014年5月号より作画担当を出口真人氏に替えて

『義風堂々!!直江兼続 -前田慶次花語り-』が連載されています。

『義風堂々』の詳細については、こちらの公式サイトをご覧ください!